日本の 行事 ぎょうじ

もっと詳しい日本の季節行事

前の行事
半夏生 はんげしょう
7月2日

半夏生という毒草が生える多湿不順な頃とされ、この日までに田植えを済ませ、どんな気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣があります。無事田植えを終えると、この日の天候で稲作の豊凶を占ったり、田の神を祭ったりします。
関西地方では、蛸を食べる風習があり、蛸の吸盤のようにしっかりと根付くようにとの願いを込めるなど、地方によって様々な風習があります。

写真:半夏生
次の行事